インタビュー(Interview)

基礎課程受講生の声

基礎課程

熱心な教師陣に学ぶ

大野利子さん

この学校に入って良かったと思うのは、教師陣が皆知識豊富で熱心に教えてくれていることです。
また、実践授業も多く、たくさんの留学生から生の声も聴けます。欠席の場合はビデオ対応もしてくれ、420時間以上の授業を約10ヶ月で終了できます。新しい学校で、受講生も皆仲が良く、スタッフの方々も親切でとても学びやすいです。
ここでたくさんのことを学び、日本語教師への一歩へと繋げていきたいと思います。

基礎課程

海外で活躍するために

金光美穂さん

私が日本語養成講座を受講するきっかけになったのは海外で活かせる資格を取りたいと考えたからです。
日本語教師は最近人気がありますが、浜松や静岡県内で学べる所は少なく学校選びには相当悩んでいました。そんな時に浜松日本語学院での養成講座を知り受講を決めました。
先生方は自分の経験の話をしてくれたり、とても勉強になる授業をしてくださいます。
学校もクラスもアットホームな雰囲気で毎回の授業を楽しみに通っています。
養成講座を修了したら私は海外に住む予定です。この資格を活かし現地で日本語を勉強する人たちの力になりたいと思っています。

<photo>

専攻課程受講生の声

専攻課程

実践経験を積みさらなるスキルアップへ!

川合広美さん

420時間日本教師養成講座を終えましたが、すぐに現場で教壇に立つにはまだ実践が不十分だと感じ、さらに『できる日本語』を使って教授スキルを高めたいと思っていました。そんな中、浜松日本語学院の専攻課程を知り、受講することにしました。この専攻課程は、学習者が日本語学校の学生であり、自分の授業が本当に伝わっているのかどうかすぐにわかります。だからこそ、教えることへの責任を実感し、さらに勉強できる場であると感じました。教案作りやデモ練習はハードではありましたが、授業は楽しい時間でした。そして、授業の中で伝えるためには何が必要なのかわかったような手ごたえがあります。また、授業の回数を積み毎回の反省することで、スキルアップにつながっていると実感しました。

<photo>

海外派遣者の声

海外派遣

希望を胸にインドネシアへ

吉村勇祐さん

 浜松日本語学院で仕事を始めて約一年、学校の先生方や学生に日々さまざまなことを教えてもらいながら授業をしてきました。そんな中、インドネシアの大学で日本語を教えるという貴重な機会に恵まれました。前職では海外での仕事経験はあるものの、日本語教師として全く知り合いのいない土地への赴任は初めてです。不安もありますが、それでも楽しみな気持ちが大きいです。何より、これまで日本へ留学してきた学生が頑張る姿をたくさん目にしてきたため、私も頑張らなければ!という思いがあります。
 派遣を終えて帰ってきた際に今の学生が成長した姿を見るのも楽しみです。それまでに私自身も成長できている様、全力で取り組んできます!!

<photo>

吉村さんの経歴

現役教師の声

現役教師

やりたいことを職業にする

勝俣有里野さん

大学4年の就職活動中にたまたま日本語教師の本を見つけ興味を持ちました。海外で働いてみたいという憧れもありましたが、日本語教師になるかどうかとても迷っていました。しかし、2011年、大地震が起こった時、「いつ何が起こるかわからない。一度きりの人生なのだから今やりたいことをやらなければ」と思い日本語教師になることを決めました。
 大学在学中に日本語教師養成講座を受講、大学卒業後に地域の日本語教室で日本語を教えた後、2013年憧れの海外(韓国)での就職が決まりました。私が働いていた日本語学院は、日本留学試験(EJU)の専門の学校でした。日本が大好きで、日本へ留学したいと夢を持った学生たちと3年間受験戦争を一緒に戦ってきました。そんな教え子たちも今は日本で立派な大学生です。
 帰国後は、韓国での3年間の経験を生かし、また更なる成長のために浜松日本語学院で日本語教師を続けています。

<photo>

勝俣さんの経歴

<pic>

現役教師の声

現役教師

ボランティアから日本語教師の道へ

池谷日都美さん

大学卒業後は一般企業に就職し、地域の日本語教室でボランティアとして日本語を教え始めました。ボランティアを始めてすぐ、「日本語を話せるからと言って教えられるわけではないんだ。」と痛感しました。そこで、日本語教師養成講座を受講することに決めました。最初は、ボランティアとしてもっと上手に日本語を教えられるようになるためというのが受講の動機でした。しかし日本語教師として働く先生方の姿を見て刺激を受け、養成講座修了後、一念発起して退職、日本語教師になるために国際交流基金の日本語教師海外派遣プログラムに参加しました。
私が派遣されたのはアメリカ合衆国ワシントン州で、公立高校で日本語を教えました。日本語教師経験がほとんどありませんでしたが、ボランティアや養成講座で実践を積んでいたことで、臆することなく教壇に立つことができました。アメリカでの2年間で日本語教育についてさらに多くのことを学び、日本語教師としてこれからも働いていくことを決意しました。ご縁あって今は浜松日本語学院で働いています。

<photo>

池谷さんの経歴

<pic>

前の
ページ
に戻る


ページ
トップ

学校法人静岡理工科大学情報セキュリティ基本方針